炊飯器で作る【飲む点滴!】甘酒

スポンサーリンク

炊飯器で作る甘酒

炊飯器で作る甘酒

米麹の発酵パワーで再注目されている甘酒。炊飯器を使って簡単に作れるといいます。

甘酒というと酒粕で作ったものを想像する人も多いんですが、お米と米麹で作る甘酒はクセがなく、お米のやさしい甘さでおいしいんです。体もあったまるし、腸が動き出すような感じがします。

昔から日本人の食生活になじんできた米麹。甘酒で手軽に取り入れてみては。

炊飯器で作る甘酒の材料

  • 米・・・1合(180ml)
  • 米麹・・・250~300g

炊飯器で作る甘酒の作り方

  1. 米1合(180ml)を炊飯器で普通よりやわからめに炊く(内釜の1合の線より2cmくらい上まで水を入れる)。
  2. 炊き上がったらしゃもじなどで混ぜ、温度計を用意し、ごはんの温度を測りながら70度になるまで冷ます。
  3. 3に米麹250~300gを細かくほぐしながら加え、よく混ぜ合わせる。約60度の湯800mlを加え、保温ボタンを押してふたを開けたまま2時間おき、混ぜる。
    (保温の強弱があるものは「弱」に設定)
    さらに5時間おき、ときどき混ぜながら様子を見て、とろりとしてきたら炊飯器のスイッチを止める。
スポンサーリンク

炊飯器で作る甘酒のおいしく作るポイントは?

甘酒は炊飯器まかせで簡単手作り。やさしい甘みでほっこり温まります。

炊きあがった甘酒は、冷蔵庫で1週間ほど保存可能です。
何も加えず温めて飲んでも、お好みで水を加えて温めて、しょうがのしぼり汁を加えても。
牛乳を入れれば、甘酒に抵抗のある人でも飲みやすいですよ。