クロカンブッシュのクリスマスツリー【お菓子でクリスマス】

スポンサーリンク

クロカンブッシュのクリスマスツリー【お菓子でクリスマス】

クロカンブッシュのクリスマスツリー
キューピー3分クッキングで紹介された『プロフィットロールのクリスマスツリー』のレシピを、簡単に作りやすくアレンジしました。

クリスマスツリーに仕上げる工程がとても楽しいので是非作ってみてください☆

クロカンブッシュとは?
クロカンブッシュはフランスの菓子。
台の上に、カスタードクリームを入れた小さなシューを飴などの糖衣で貼り付けながら円錐型に積み上げた飾り菓子。フランスではウエディングケーキとして使われる。シューはキャベツを表し、子孫繁栄の願いと豊かな収穫を願う物である。

プロフィットロールのクリスマスツリーの材料

プロフィットロールのクリスマスツリーの材料はこちら

▼シュー生地

  • 牛乳・・・1/4カップ
  • 水・・・1/4カップバター(食塩不使用)・・・50g
  • 塩・・・小さじ1/4
  • グラニュー糖・・・小さじ1/2
  • 強力粉・・・57g
  • 卵・・・(L)約2個
  • 板チョコレート(ビター)・・・80g
  • 油・・・小さじ1/2
  • バニラアイスクリーム・・・約400g
  • アラザン、ラズベリーなど・・・各適量
  • 粉糖・・・適量

プロフィットロールのクリスマスツリーの作り方

プロフィットロールのクリスマスツリーの作り方です

下準備
●オーブンは180℃に予熱する。
●バターは薄く切る。
●強力粉はふるう。
●卵は溶きほぐす。
  1. シュー生地を作る。鍋に牛乳、分量の水、バター、塩、グラニュー糖を入れて中火にかける。鍋の縁が沸き立ち、バターが溶けたら、強力粉を一気に加え、火を止める。木ベラでよく混ぜ、生地がひと固まりになり、ツヤが出るまで練る。
  2. 鍋をコンロからおろし、生地が温かいうちに溶き卵の半量を加えて練る。卵がなじんだら、残りの溶き卵の半量を加えて練る。残りの溶き卵は大さじ1ずつ加えて練り、生地をすくい上げたとき、ゆっくりと落ち、逆三角形に垂れ下がって残る状態になったら、卵を加えるのをやめる(溶き卵が足りない場合は追加する)。
  3. 直径1㎝の丸口金をつけた絞り袋に(2)を入れ、オ-ブンペーパーを敷いた天板2枚に、少し間をあけて直径2~2.5㎝大に絞り出す(約30個)。先に焼くほうにたっぷりと霧を吹く。残りは焼く直前に霧を吹く。
  4. 2回に分けて焼く。180℃のオーブンに入れ、170℃に下げて35~40分焼く。30分は途中で扉を開けないこと。生地の全体がきつね色になっていれば開けてもしぼまないので、生地が乾燥して軽くなっているか、割れ目や底もきつね色になっているか焼き上がりを確認する。網にのせて、冷ます。もう1枚の天板も同様に焼く。
  5. シューの上部1/3のところをカットし、バニラアイスクリームを等分に詰め、カットしたシューをかぶせる。バットなどに並べて冷凍庫で一晩冷やし固める。固まったらポリ袋などに入れて冷凍庫におく。
  6. 常温においた板チョコレートを割って耐熱容器に入れ、電子レンジ(600W)に20秒かけてとり出し、ゴムベラで軽く混ぜる。同様にあと2回繰り返して溶かし、油を加えて混ぜ合わせる。
  7. (5)の上面に(6)をつけ、器に好みの大きさに丸く並べる。チョコレートが乾く前に、ツリーのように高く積む。アラザンやラズベリーなどで、好みに飾りつける(残ったチョコレートを星形に絞り、金箔などを飾ってもよい)。仕上げに粉糖をふる。
スポンサーリンク

プロフィットロールのクリスマスツリーのおいしく作るポイントは?

オーブンで焼き始めたら30分は扉を開けないこと!生地がしぼんでしまいます

日本テレビ系列「キユーピー3分クッキング」
1963年から続く料理番組。番組で紹介した様々なレシピをお届けします!