『バスク風チーズケーキ』簡単・濃厚な風味のあるチーズケーキ

スポンサーリンク

『バスク風チーズケーキ』【きょうの料理】のアレンジレシピ

NHKの「きょうの料理」で紹介された『バスク風チーズケーキ』のレシピを、簡単に作りやすくアレンジしました。

バスク風チーズケーキ

外側を黒く焦がした濃厚な風味のあるチーズケーキ濃厚なのにさっぱりしているバスク風チーズケーキ。他のチーズケーキより簡単ですよ!

バスク風チーズケーキの材料 直径15cmの丸型

バスク風チーズケーキの材料はこちら

  • クリームチーズ・・・220g
  • グラニュー糖・・・100g
  • 【A】
  • 卵 (M)・・・3コ(約150g)
  • 卵黄 (M・・・)1/2~1コ分(約10g)
  • 生クリーム (乳脂肪分45%以上のもの・・・)170ml
  • レモン汁・・・小さじ1/2
  • 【B】
  • 薄力粉・・・大さじ1弱(8g)
  • コーンスターチ・・・小さじ1強(4g)

バスク風チーズケーキの作り方

バスク風チーズケーキの作り方です

  1. ボウルにクリームチーズを入れてゴムべらで柔らかく練る。グラニュー糖を加え、泡立て器でボウルの縁に押しつけるように回し、よく混ぜる。
  2. 【A】の卵の約1/4量を加えて混ぜ、なじませる。残りの【A】を2回に分けて加え、そのつどよく混ぜる。
  3. 2に生クリーム、レモン汁を順に加え、そのつど混ぜる。
  4. 別のボウルに3の約1/6量を入れ、【B】の粉を加えてよく混ぜ合わせる。これを3に戻し入れ、よく混ぜる。
  5. 型に4を流し入れ、天板にのせる。予熱しておいたオーブンに入れ、240℃に設定する。上面に焦げ色がしっかりつき、生地の高さが2~3cm盛り上がるまで約20分間焼く。
  6. 作業用手袋をして、天板ごと型を揺すり(やけどに注意)、ユラユラと激しく揺れるようなら、さらに1~3分間焼く。焦げ色が濃くつき、揺れが少し緩やかになったら取り出す。
  7. 型ごと網にのせて冷まし、ラップをして冷蔵庫に一晩(8時間)おく。紙ごと型から外し、焦げた生地が紙に残らないようにそっとはがす。温めたナイフで切り分ける。
スポンサーリンク

バスク風チーズケーキのおいしく作るポイントは?

焦げた外側はほろ苦く、中はトロリと柔らかな口当たり。スペイン・バスク地方のバルが発祥の大人気チーズケーキです。

混ぜるだけで簡単。生地を揺らして焼き上がりを見極めるのがポイントです。

焦げ色がしっかりつくまでオーブンは開けないこと。240℃で焼き色がつかない場合は、250℃に上げ、様子を見ながら焼く。揺れなくなるまで焼くと、火が通りすぎるので注意。

冷凍保存もできる!『栗原はるみさんのベイクドチーズケーキ』
『栗原はるみさんのチーズケーキ』【きょうの料理】のアレンジレシピ NHKの「きょうの料理」で紹介された『栗原はるみさんのチーズケーキ』のレシピを、作りやすくアレンジしました。 チーズのコクが濃厚なのに、後味は軽やか。おもてな...
プロの料理家レシピ満載【みんなのきょうの料理】-人気料理家のおいしいレシピを簡単検索!
NHK「きょうの料理」で放送された人気料理家のおいしいレシピや献立が探せる【みんなのきょうの料理】。料理ビギナー向けお助け動画も人気です。プロの料理レシピや有名講師を簡単検索できます!自分だけのレシピ集を作ったり、料理レシピを投稿できます。